パソコンお役立ち豆知識

ウイルスに感染するとどうなる?



パソコンがウイルス感染してしまうと、最悪の場合、データが書き換えられる、起動しなくなるといったケースもあります。
どのような可能性があるかを挙げていきます。

フィッシング詐欺被害への遭遇



フィッシング詐欺とは、実在する銀行やショッピングサイトからのメールを装い、それらのウェブサイトとそっくりの偽サイトに誘導して、クレジットカード情報などを入力させ、大事な情報を盗み取ることを目的とした詐欺の一種です。
セキュリティが万全の状態であれば、誤ってリンクをクリックしても、情報入力前に偽サイトの表示をブロックしてくれるなど、被害を未然に防ぐことができます。



個人情報漏洩の危険性


一口に個人情報といっても、プライベートな写真や動画の保存や、仕事のデータ、家族や知人の住所録、連絡先などその情報は多岐にわたります。セキュリティが甘く、ウイルスに感染してしまうと、パソコン内の情報は簡単に外部に流出してしまいます。
情報流出はお客様ご自身のみの問題ではなく、家族や知人、仕事先等多くの人々を巻き込んでしまう可能性があります。また一度インターネット上に流出してしまった個人情報を消すことはできません。



乗っ取りの危険性


一口に個人情報といっても、プライベートな写真や動画の保存や、仕事パソコンを乗っ取られるとお客様のパソコンを好き勝手に操られてしまいます。
カメラやマイクを起動させてプライバシーを侵害たり、動作させているウイルス対策を停止させ、さらに感染しやすい状態を作り、お客様の大切なデータを変更、削除したり等、被害は多岐にわたります。



windowsシステムへの攻撃の危険性


感染したウイルスがwindowsシステムへ負荷をかけることにより、システムが起動するまでの時間が長くなり、使えるようになるまでに異常な時間を要するようになります。
ウイルスを駆除しない限りすべての動作が鈍くなります。





ウイルス感染からリカバリーするには多くの時間と労力がかかります。
ウイルスに感染したかもしれないと不安な方はPC-DOCKオンラインサポートへお気軽にお問い合わせください。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ